東大能力研究会 幼児教育から大学受験まで|大宮 川越 練馬石神井教室 | HOME


無料体験申し込み
総合受付:048-648-9077

東大能力研究会から緊急提言

在宅オンラインマンツーマン指導を始めました。

新型コロナウイルスの感染が止まりません。

東大能力研究会では通塾する東能研生の為にマスク着用、アクリル板間仕切り、アルコール消毒、空気清浄機、検温器等の可能な限りの対策を行い、御父母にもマイカーによる通塾等のご協力をいただき、コロナ感染防止に万全を期しています。

おかげ様で東大能力研究会関係者からは一人の感染者も出していません。

しかし、相手は目に見えないウイルスです。感染がご心配な方もいらっしゃいます。

そのような方々の為に東大能力研究会は在宅オンラインマンツーマン指導を開始しました。指導内容、月謝等は全て通塾東能研生と同じですので、コロナ騒ぎが収まった後に通塾コースに変更することが可能です。(コース変更の自由)

東大能力研究会の特徴である1才からの早期英才教育もオンライン授業でマンツーマン指導をしていますので、幼少期の方もお母様(お父様)とご一緒に楽しく学ぶことができます。

また通塾コースでは受験期になると小・中・高・大学受験で大変高い合格実績をあげてきましたが、初めて間もないオンラインコースでも通塾コースに負けない高い合格実績をあげようと各講師は懸命です。きっと通塾コースに負けない合格実績を挙げることになるでしょう。

先日、NHKテレビで報道されましたが不登校生が各学校でコロナ対策としてのオンライン授業に在宅で積極的に取り組み、自信をつけて自分の方から登校するようになり御父母を喜ばせたそうです。

このようにオンライン授業にはいじめを受けないで勉強できるメリットもあります。不登校生が東大能力研究会の教室においでになれば優しい講師の指導を受けられますが、オンライン授業でもとても優しい講師が学習意欲を引き出し、学力を伸ばしてくれるものと確信をしています。

またオンライン授業は教室まで通う必要がない為、九州から北海道まで日本全国どこでも受けることができます。

さらに東大能力研究会は海外の日本人学校に通う方々もオンラインで指導することができます。海外在住の方々は当地の学校や塾の教えに多くの不満を抱えていらっしゃいます。

算数、数学の教え方が体系的でないとか、社会は日本の歴史に詳しくないとか、国語の授業も日本文学の微妙な表現・深い思考が十分教われない等々です。英語でさえもリーディング・ライティングや英文法重視の日本の高校・大学入試に適応できないという不満をお持ちの方々が少なくありません。大きく言えばオンラインマンツーマン指導の東大能力研究会は世界中の日本人の方々に今まで届けられなかった思いを今こそ届けることができるのです。

また東大能力研究会では通塾生と同じようにオンラインでも無料体験学習を受けられます。

無料体験学習御希望者はまず東大能力研究会090-2536-7410までお気軽に御連絡下さい。

尚、東大能力研究会を検討する参考に東大能力研究会の別のホームページ(https://tonoken.biz)にてYouTubeでのオンライン授業の様子を近々配信しますので、すでに配信中の通塾授業風景とあわせてご覧下さい。

下のリンクをクリックしていただくと動画を公開しているホームページににつながります。

皆様の御連絡をお待ちしています。

東大能力研究会 代表 稲益 清

東大能力研究会の一貫教育

塾長ご挨拶

我が子の教育を真剣に検討していらっしゃるご父母の皆様へ

東大能力研究会の稲益です。

教育指導を受けることはものを買う事と異なり買い替えがききません。物を買う場合には選択を誤っても(費用さえ払えば)買い替えは可能です。しかし、不適切な教育指導で身についた学習内容はもとには戻りません。これに反し、良い教育指導で身につけた学習内容は(学歴等を含め)一生の晴れ着・宝物となり御子様を輝かしい未来に導きます。また特に幼児教育は時間との勝負であり、失われた時間は後悔しても二度と戻ってきません。三才でピアノを習い始めた御子様方は左右両手の指を別々に動かすことが容易にでき、上達も早いのですが、大人になってからピアノを習う方は上達が遅く苦労します。
幼児期を過ぎると左脳の働きが活発となりそれに妨害されて右脳が素直に開いてくれなくなるからです。このことはピアノだけではなく幼児教育全般に言えることなのです。私たちは我が子の教育と将来を真剣に考えていらっしゃる御父母にくれぐれも選択を誤らないこと、教育の時期を失わないことをお願いする次第です。

教育の一貫性について

教育には一貫性が求められます。幼児期から少年期を経て、 大学受験期に到るまで、人の脳の発育時期は右脳から左脳へ、やがて全脳の連携へと脳内領域 により顕著な相違が認められます。
東大能力研究会は、脳内領域の全てを最大級に発育させる為に、幼児期から大学受験期まで 一貫した教育方針に基づき、体系的な学習指導を(東大式学習法を)マンツーマンで行う唯一の 幼児教育・学習塾です。
大手テレビ局からも注目され、取材・放映された東大式学習。東大式学習法は一見何でもない日常現象の中にひそむ問題点を本質から分析し、独創的な視点から展開し、自己発信する能力を養う学習法です。東大式学習法は各方面から大きな注目をあびています。

当教室の特徴

東大能力研究会の一貫教育は右脳から左脳、やがて全脳の連携へと脳内各領域の発達段階に各々対応した教育を一貫して行うということであって、幼児も大学受験生も同じ教育を行うということを意味するものではありません。
東大能力研究会はお子様方の幼少期には早期英才教育を、就学期にはまず就学前期(小学生の年代)リベラルアーツ教育を、就学中期(中学生の年代)にはアクティブラーニングを、就学後期(高校・大学受験生)には難関大学や難関国家試験を突破する能力=難関突破力を身につけていただきます。
早期英才教育、リベラルアーツ、アクティブラーニングの中に一貫して流れる東大式学習法の実践は難関突破力としてこの時期に結実します。

以下、各成長期についてご説明します。

1.幼少期…早期英才教育

東大能力研究会の一貫教育はまず幼少期に早期英才教育を実施して、お子様の創造性(独創性)論理的思考能力、想像力の土台となる知能(IQ、その他)自体を大きく幅広く成長させます。

2.就学期…小学生の時代…リベラルアーツ

就学期になり小学校時代の児童にはリベラルアーツ教育を行います。
リベラルアーツは欧米で唱えられている教育思想で、幅広い教養・学識を身につけ柔軟な発想から自由に思考を巡らす自立した人間を育てる教養教育のことを言います。戦後、東大の教養学部他、全国の主として国立大学の(専門教育の前段階として)教養学部で実施されており、その根底には人間人格の成長を促す、人間愛があると私達は考えています。

3.中学時代…アクティブラーニング

中学時代になるとアクティブラーニングをやっていただきます。
アクティブラーニング(=A.L)とは自ら発見、考察した事象について、仮説を立てて自ら考案した観察、調査、研究手法で、観測、実験、実習、分析等を行い、その観測、調査、研究成果を、自らの力でレポート論文にまとめ上げて、自己発信することを言います。
A.Lにより思考の独創性、実験的思考能力、展開能力、応用力、想像力が養われます。

4.高校、大学受験期

東大能力研究会独自の東大式学習法の手法で早期英才教育、リベラルアーツ、アクティブラーニング教育を経験した東能研生は知能、学力共(難関大学を突破するに十分な)難関突破力を豊かに身につけていらっしゃいます。
このため、東能研生の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学受験での合格実績が著しく高くなっています。

当ホームページ( https://todainoryokukenkyukai.com )は東大能力研究会の一貫教育のうち、特に幼少期・小学受験期に焦点を当てた記述になっています。

小学生(中学受験)、中学生(高校受験)、高校生(大学受験期)の詳述は東大能力研究会の他のホームページ
https://tonoken.biz
http://tonoken.net
を是非ご覧下さい。

尚、当ホームページの本文の内容を論述する前に、お子様方ご本人や御父母から私達東大能力研究会に寄せられたお便りをご覧下さい。

御父母からの心のこもった御礼状と生徒からの年賀状