令和6年4月、開智学園東所沢に小中高一貫校新設開校予定


無料体験申し込み
総合受付:048-648-9077

令和6年4月、開智学園東所沢に小中高一貫校新設開校予定

複数の信頼すべき筋から開智学園が埼玉県所沢市松郷に小中高一貫校を令和6年4月に開校するという情報が入りました。今まで開校が延び延びになっていましたが、今度こそ開校が実現しそうで、その時期も令和6年4月より早まることはあっても遅れることはなさそうです。既に所沢市松郷の敷地(約4万平米)に新校舎を着工しています。
新設の東所沢開智学園(名称未定)では国際バカロレア教育も実施される予定でその関係で英語教育も重視されそうです。

令和6年4月開校とすると、その前年の令和5年秋に小学校入試が行われる予定で、今年(令和3年)の年少さんが受験できることになります。次に小学校入試の内容ですが、これについては設立後20年以上の歴史がある東岩槻の開智学園小の入試過去問題が参考になります。ペーパーテストでは主として言語能力等を試すA問題、主として理系能力を試すB問題、開智学園小を第一志望とする受験生のうち希望者に対して行われる自己発信(得意芸を披露)もあります。校長先生と受験生とが1対1で対面する口頭試問では、校長先生から様々な観点からの独創的な答えを期待される質問がなされます。御父母は別室で教頭先生の面接試験を受けます。
以上の東岩槻の開智小の入試諸問題は約7年前茨城県守谷に開校した開智望小学校でも踏襲されて今日に到っています。新しく東所沢に設立される新小学校でもこのような入試傾向は踏襲されることが予想されます。

このように開智小学校では独自の入試問題が数多く出題されていますが、私達東能研では東岩槻の開智小と茨城県守谷の開智望小の入試過去問題を詳細に分析し、そこから予想される東所沢の新小学校の入試問題を新小学校受験生に徹底指導します。
東岩槻開智小と開智望小の入試では、東能研講師の懸命な指導によりこの十年間全員合格を果たしています。この実績から私達は令和5年秋に行われる予定の東所沢開智新小学校の入試でも東能研からの受験生の全員合格を目指し指導をする覚悟です。

東所沢新小学校には都内からも相当数の受験生が集まりそうですが、都内在住の受験生の方々には東能研練馬石神井教室(西武池袋線石神井公園駅徒歩5分)で受験勉強をなさることをお勧めします。都内在住の受験生の方々はおそらく国立大付属小学校(筑波大付属小、お茶の水女子大付属小、学芸大附属大泉小、同竹早小)もお受けになる方々も多いでしょうが、国立大付属小の入試には抽選がありますので必ず最終合格するとは限りません。(因みに、国立大付属小の入試を受けた東能研生は抽選を除いては合格しています。)そこで抽選のある国立大付属小と併願で東所沢開智小を受験なさる方も多く予想されますので、私達東能研は受験する全ての小学校入試に備えて対策を練り受験指導します。

令和5年秋に予想される東所沢開智小入試まで2年余り、しっかり対策を立て入試学習に励みましょう。
体験授業は無料ですので、各教室までお電話でお気軽にお申し込みください。